sponsored link

レターパックプラス/ライト(旧レターパック500/350)

レターパックプラス/ライト(旧レターパック500/350)

エクスパック500の封筒の販売が終了して、その代わりに登場したのが「レターパック」です。レターパックには「レターパック500」と「レターパック350」の2種類がありました。
それもそれぞれ名称が変わり「レターパック500」は「レターパックプラス」に、「レターパック350」は「レターパックライト」に変更しました。

Advertisement

「レターパックプラス」「レターパックライト」の2種類とも、郵便局やコンビニなどの郵便切手類販売所(一部除外)で専用封筒を購入し、その中ヤフオク出品商品を入れ発送します。

レターパックの送り方

レターパックプラス
料金:日本全国一律510円
形状・重量:340mm×248mm(A4ファイルサイズ)/重量4kg以内
※3cmの厚さを超えても可。但し、専用封筒に収まる範囲内。
配達方法:配達先へは対面でお届けし、受領印または署名が必要となります。

レターパックライト
料金:日本全国一律360円
形状・重量:340mm×248mm(A4ファイルサイズ)/厚さ3cm以内/重量4kg以内
配達方法:郵便受箱(ポスト)に配達(投函)します。

送り方は、上記2種類のいづれかの専用封筒にヤフオク出品商品を入れ、郵便ポストに投函、もしくは郵便窓口に持っていくだけです。また集荷も行ってくれます。

レターパックプラスとレターパックライトの違い

エクスパック500同様、どちらの発送でも追跡サービスがあります。
しかし「レターパックライト」は、対面でのお届けでは無いという点には注意が必要です。

また、レターパックプラスが厚さ3cmを超えても送れるのに対して、レターパックライトは厚さ3cm以内の指定があります。

名称は「エクスパック500」から「レターパック」とはなりましたが、変わった点はそれほどありませんでした。ただ厚さ指定が追加され、料金共に2種類になったぐらいです。追跡サービス有り+対面の受け渡しも可能(レターパックプラス)という事で、発送手段の選択肢としては利用価値があります。

sponsored link

業界初!不動産オークション

◆出品には必須!
ヤフープレミアムのメリットを知ろう>>

関連ページ


img